運命に翻弄されようが全ては自己責任・・・映画『スーパーシチズン』

ホウ・シャオシェンエドワード・ヤンらと並んで台湾ニューシネマを率いたワン・レン監督の幻の代表作を観ました。1995年製作ながら今回が日本初劇場公開です。

1950年代の戒厳令白色テロの時代の台湾が舞台。若き大学教授のコーは政治的な読書会に参加し逮捕・投獄されます。拷問に負けたコーは友人タンの名前を明かし自分は無期懲役になり、タンは死刑に処されます。

30年後、施設を抜け出し