小学生が踏切に置き石か 現場から2人立ち去る姿 兵庫・明石 ( 鉄道、列車 )

小学生が踏切に置き石か 現場から2人立ち去る姿 兵庫・明石

10/14(日) 16:48配信

 14日午前10時45分ごろ、兵庫県明石市魚住町中尾新田のJR山陽線大久保−魚住間の踏切で、走行中の野洲発姫路行快速電車(12両編成)の運転士が異常音に気づいて緊急停止。線路上に石が砕けた痕を確認した。乗客約300人にけがはなかった。快速電車は約26分後に運転を再開したが、一部区間で運転を見合わせたことから約3300人に影響が出た。

 兵庫県警明石署などによると、電車が踏切を通過後、近くに停車していた車のドライブレコーダーに小学生の男児とみられる2人が立ち去る姿が映っていたといい、同署が電汽車往来危険容疑で捜査している。

【関連記事】

高速に自転車投げ込んだ少年たち…容疑は殺人未遂、「悪ふざけ」など通じない

暴行容疑で自称「ユーチューバー」を逮捕 なりたい職業上位もトラブル続々…

「とんでもないワルだ」“奄美の狂犬” ヤクザ顔負けの凶暴さ…再び暗躍する半グレ集団

信じられない…コツンと追突したら「5000万円払え」 裁判所に提訴までした男の正体は…?

「行きまーす」239キロでアクアライン爆走 「動画シリーズ化も…」あきれた動機